© 2017 by 活き活きクラブ All rights reserved.

上部へ移動

明るく元気なスタッフが支援をしています。

​スタッフ紹介

赤尾光教(管理者・生活相談員)

Q1.この仕事のやりがいは?

来所当初よりも来所をを重ねるごとにだんだんお元気になり、表情が明るくなり、「ここに来て、体も心も元気になった楽しいです」と言われると、皆様の健康の役にたったと言われたり、見たりする事に非常にやりがいを感じます。

Q2.他の施設と違うところは?

機能特化型のデイサービスということで、運動やリハビリをメインとしいており運動をして(健康になろう・リハビリしよう)という意欲が高い方が多く活気があります。

Q3.自分の役割は?

生活相談員・管理者として、利用者様が施設内で楽しく過ごして頂く為に、良くお話などを聞いて施設のスタッフに伝えたりしています。他にも、ケアマネージャーや新しくご利用される利用者など、対外的な事も相談や対応をしています。

今岡貴志(機能訓練士)

Q1.この仕事のやりがいは?

「恩返し」の一言です。直接の関係ではありませんが、これまで多くの方々にお世話になり現在の私が存在しています。これからも多くの事を学ばせて頂くと思いますが、少しでもお役に立てることがあれば幸いです。

Q2.他の施設と違うところは?

私達は、利用者様の日常のお世話をさせて頂くなど、「受け身」の関わりではありません。利用者様自身がこれからの人生も輝くために、様々な体操や運動に参加して頂き、安全に取り組めるようサポートをさせて頂きます。

Q3.自分の役割は?

「機能訓練士」という肩書きがありますが、按摩・マッサージ・指圧士の資格を持ち、利用者様との関わりを持たせて頂いています。利用者様の日常生活動作や活き活きクラブでの体操などが、少しでも苦痛なく行えるように出来ればと考えております。

八木壽美子

Q1.この仕事のやりがいは?

利用者様の「ここへ来るのが楽しみ」と言う言葉と笑顔に会える事です。外出機会や社会的交流が少なくなっておられる時、「送迎があるから」と喜んで来所頂き利用者の皆様と楽しそうに会話されている姿や身体機能維持・向上に運動して頂き、「身体が軽くなった」と言って頂いた時や徐々にではありますが、機能向上が見受けられた時など、本当に嬉しく思います。

また、お帰りの時には、利用者様同士が笑顔で挨拶されにこやかにお帰り頂く様子は、私自身の活力にもなります。

Q2.他の施設と違うところは?

通所介護の中でも、身体機能・精神機能・ADLの維持・向上を目的としたリハビリやリクリエーション等を実施し、特にリハビリに特化している所だと思います。

要介護認定を受けられた方々の特性は異なっておりますが、利用者様の生活をトータルにとらえ、ある一定の目標にむけて利用者様の希望する生活の実現に具体的に活動しております。

Q3.自分の役割は?

ムードメーカーに徹したいと思っております。

来所して頂き「楽しかった」と思って頂けるような雰囲気作りを心掛け、運動して少し疲れがあったとしても「また、来よう」と思って頂けるように努力したいと思っております。また、利用者様の目標を共有して、利用者様が期待する生活が出来るように私自身、心と身体を動かし、その人らしい生活を利用者様自身が選択出来るよう支援をさせて頂く事だと思います。

野口和美

Q1.この仕事のやりがいは?

毎日を楽しく将来こうなっていくんだろうという事を感じながらも皆さんからのパワーをもらい、学び、日々自身向上していきたいと思います。

Q2.他の施設と違うところは?

少人数という点では、一人一人との関わりがみつにあり思いを聞かせてもらったり、運動により日常生活が快適に送れるよう見守りサポートを行っていけたらと考えます。

Q3.自分の役割は?

利用者さんを送迎時から観察しながらその日の体調にあわせ(血圧高いなー・ここ痛いんかなー)体を動かす楽しさを伝えADLを持続出来るようにサポートしていきたいと思います。

​〉

スタッフ紹介